フィリピンの世界遺産情報ならここをチェックしましょう

フィリピンの世界遺産

World Heritage

現在、フィリピンにはユネスコに指定されている5つの世界遺産があります。スペイン統治時代の面影を残すバロック様式の教会や街並み、古きよき都市のビガン、サンゴと熱帯魚も宝庫であるトゥバタハ環礁など、どれもフィリピンのかけがえのない自然や文化遺産であり、いずれも一見の価値があるものばかりです。

1. トゥバタハ岩礁海中公園

Tubbataha Reefs

パラワン島スールー海 
(自然遺産/1993年登録)
   
パラワン島から南東へ約180km離れた場所にある332kmという巨大な海域。南北2つの環礁(North & South Islets)から成り、西側のすぐ近くには高さ500mのサンゴ岩柱ジェシー・ビーズレイ(Jessie Beazley)があります。2つのリーフは、エダサンゴやソフトコーラル、熱帯魚や回遊魚の宝庫で、たくさんのダイビングポイントがあります。環礁の砂州部分は海島の疲れを癒す憩いの場所になっています。
 
● 交通  マニラからパラワン州の州都プエルトプリンセサまで国内線で約1時間。セブ島からも便があります。そこから、トゥバタハ岩礁へは、2月下旬〜6月上旬に催行されるダイビング・クルーズを利用します。4月と5月がベストシーズン。セブ島等からトゥバタハを訪れるダイビング・クルーズが出ることもあります。
 

2. フィリピンのバロック様式教会群

フィリピン各地 
(文化遺産1993年登録)
 
16世紀、キリスト教の布教によって始まったスペイン統治。フィリピンの各地に、当時の景観を今に伝えるたくさんの教会が建てられています。そのうち、マニラのサン・アグスチン教会、ルソン島のサンタ・マリア教会とパワイ教会、パナイ島のミアガオ教会の4カ所が正解遺産に登録されたいます。地震がおおい地形のたま、頑丈な石造りの建物が特徴です。

ミアガオ教会

A ミアガオ教会

Miagao Church
パナイ島イロイロ郊外
 

1700年代に建てられた、レリーフが興味深い教会です。白っぽい砂岩の正面部分にはココナツの木を抱え、幼きキリストを肩に乗せた旅の守護聖人クリストファーと古代アステカ芸術に似たタッチのパパイヤととグアバが左右に彫刻されたいます。当時は礼拝堂且つ砦の役目も果たしていました。左右の鐘楼はシミメントリー二見えますが、異なる修道士によって造られているので、よく見ると、異なった作りになっているのが分かります。
 
● 交通 マニラからイロイロまで約1時間。セブ島からも便があります。




パワイ教会 

B パワイ教会

Paoay Church 
ルソン島ラワグ部外

フィリピン人デザインの数少ないスペイン・スタイルの教会です。屋根の裾野に沿って突き出ている角状のものは、スペイン統治時代以前、それもインドネシアのマジャパピト帝国の建築様式の影響を受けていると言われています。土曜日には教会の脇で、織物製品や手工芸品等のマーケットが開かれます。

● 交通  マニラからラワグまで国内線で約1時間。またはマニラから長距離バス・車で約10時間。




サン・アグスチ教会

C サン・アグスチ教会

San Agustin Church
マニラ
 

1571年に基礎が造られ、1587〜1607年に完成したフィリピン最古のバロック様式の石造教会。マニラ市内の印とラムロす(城壁都市)にあります。別名 Church of Immaculate conception(聖母)of San Agustin。戦争や地震、天災にも関わらず、イントラムロス内部にある建物の中で、唯一破壊を免れた奇跡の教会としても知られています。
 
● 交通  ベイエリアから車で約15分、マカティ地区から車で約50分。イロイロ市から車で約1時間。




サンタ・マリア教会

D サンタ・マリア教会

Sta. Maria Church
ルソン島ビガン南郊
 

18世紀建造。別名Nuestra Senora de la Asuncion (Our Lady of Assumption=聖母昇天)。教会全体を包む巨大な赤レンガが印象的。教会がある丘上までは石段を登ります。午後にお米のお菓子ビビンガが売られることもあります。
 
● 交通  ラワグから車で約2時間30分、ビガンから車で約40分。マニラから長距離バス・車で約7時間。

 


3. フィリピン・コルディリェーラの棚田群

Banaue Rice Terraces

ルソン島バナウエ
【文化遺産1999年登録】※危機遺産
 
ルソン島北部のイフガオ州の州都バナウエにあるコルディリェーラ山脈に、イフガオ族が2000年以上もの月日をかけ、厳しい斜面の山々を切り開いて造り上げた階段状の棚田があります。一番低いところから上に段々に続く水田は天上への階段を思わせます。展望台から眺めるパノラマはまさに息を飲む迫力です。
 
● 交通  マニラからバヨンボング経由の車またはバスで行くのが一般的で、所要約9~10時間。バギオからボントック経由なら約10時間ですが、雨期にはかなりの悪路となります。



4. 古都ビガン

Vigan

ルソン島ラワグ南郊
【文化遺産1999年登録】
 
イロコス・スール州の州都。16世紀のスペイン統治時代に建設された古き都で、町の一画が世界遺産に登録されています。石畳の通りを、一頭建て二輪馬車のカレッサが走る姿は住年の古き往時を偲ばせてくれます。通りの両側には骨董品や民芸品等の土産店が並び、この地方で盛んな家具作りも見られます。
 
● 交通  ラワグから車で約2時間。マニラから長距離バス・車で約8時間。



5. プエルト-プリンセサ地下河川国立公園

Underground River

パラワン島
【自然遺産1999年登録】
 
パラワン島セント・ポール国立公園にある地底川と洞窟が世界遺産。潮の千満の影響によって造られた地底川は、全長8.2km、天井の高さ6.3m、水深は潮の千満によって変わり、最大で14mにもなります。コウモリ、大トカゲ、珍種の蝶などが生息しており、ジャングル・トレッキングで探検を楽しむことができます。
 
● 交通  マニラからパラワン州の州都プエルトプリンセサまで国内線で約1時間。セブ島からも便があります。そこから地底川の玄関口であるサバンまではジープニーまたはコースターで約3時間。 で約8時間。


▲TOP