フィリピン留学の体験とブログをお得な情報をたっぷりでお届けします。

フィリピン留学ブログ

フィリピンはチャンスの国!!

フィリピンの夜景 2016-9-08

フィリピンはアジアの主導的国家として、経済成長のめざましい発展途上国です。教育の発展した国で、すべての大学で英語が使用されており、実際に欧米でフィリピンの大学は高い評価を受けています。


フィリピンの有名大学では世界各国の学生たちが、よりレベルの高い学問と英語の習得のために勉強しています。彼らとの交流を通じて相手の文化を理解し、自由に対話をするために、実生活の中で英語に触れる機会を積極的に作っていけば、あなたの英会話の実力は日一日と上達していくことでしょう。それは一生の財産になるはずです。

また、フィリピンと言えば「貧困」や「銃社会」などと怖いイメージを持っている方も多いかもしれません。もちろん、それは一つの側面としては事実ですし、特に首都マニラなどの都心部では、自分の身は自分で守りながら生活しなければならないのもある意味では事実です。フィリピンには、例えばアラブ首長国連邦の石油のように何か目に見える財宝があるわけではありません。しかし観光業が盛んでセブ島やボラカイ島など世界でも有数な観光地が点在しています。


そんなフィリピンの将来性を3つの章に分けてご紹介させていただきます。


フィリピンは英語使用範囲が広い

町並み 2016-8-17

フィリピンの英語は世界的に認められています。国民全体が英語教育を受け、実生活で使用しているため、多くの国民が英語でコミュニケーションをしています。

また現在のフィリピンの文化は、西欧文化が基盤になっており、テレビ、ラジオ、映画館、書店など、ほぼすべてのところで英語を自然に習得することができます。


つまり一生懸命英語を学べば学ぶほど、使う機会も増えていきます。また、フィリピン人は一般的に外国人に対してとても親切なので、自信を持って英語を使うことができます。


フィリピンは公用語が英語とタガログ語(フィリピン語)となっていて英語を公用語としている国のなかで第三位とされる英語人口でもあります。このように他の国々とは違いフィリピンという国に英語が浸透していった理由は主に5点があります。それぞれの章にわけご紹介していきます。


知っておいて損はなし!フィリピンの語学学校の食事や水事情

2016-7-26

フィリピンに留学する際にみなさんが気になることはたくさんあるかと思います。 留学先の学校の勉強のクオリティも勿論そうですし、なによりも生活面が気になるという方も多かと思います。フィリピンのイメージとしてはセブ島のような観光地を思い浮かべる方、スラム街など日本に暮らしていると馴染みがない場所を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

観光地としてのフィリピン。そして発展途上国としてのフィリピン。これは両方ともフィリピンの現状と言えます。観光地化されている場所は、街もキレイですし、物価も他の地域と比べて高いです。逆に観光地化されていない場所は、お世辞にも環境がいいとは言えません。加えてフィリピンのほとんどの場所は後者で、日本と同じような環境で生活することはできません。


フィリピン留学はマンツーマン授業が多い(1日3時間以上)

2016-6-23

フィリピン留学では、アメリカ留学やイギリス留学などでは費用的に難しい「マンツーマン授業」を気軽に受けることができます。

その大きな理由として、フィリピンの人件費が他の国々よりも大幅に安いという経済的な事情が係わっています。フィリピン留学を計画するにあたっては、グループレッスンだけでなくマンツーマンレッスンを受けたり、全てのレッスンをマンツーマンにすることさえ可能となります。 そんなマンツーマンレッスンのメリットを3つの章に分けてご紹介して、その上でマンツーマンレッスンを上手に活用するためのポイントを考えていきましょう。


フィリピン留学ならではの格安留学費用

飛行機からの風景 2016-5-17

お手頃な経費と、マンツーマン個人指導の拡大化、アジア唯一の英語圏の国、世界的に認められた英語教育システム、そしてスムーズなビザ手続きが、フィリピン留学の最も大きな長所です。

英語を学びたいと思ったら、アメリカやイギリス、オーストラリアを連想するかもしれません。もちろん、行く国や地域(都市か田舎など)によって値段は変わってきますがアメリカやイギリス、オーストラリアなどで英語を学ぶと授業料や滞在費を加えると少なくとも1カ月で合計30万円程度はかかります。


それに比べフィリピン留学は、他の国(アメリカやイギリスなど)に留学するよりも非常に安く費用を抑えることができます。その理由として、授業料、フィリピンの物価、航空券代の3つが上げられます。(ここではアメリカをメンイに比較していきます。)


フィリピン留学は留学準備と手続きが簡単

2016-4-28

フィリピンはビザ取得が最も自由な国です。アメリカやカナダなどへ語学留学に行く場合、まず大学付属語学研修機関や正式許可を受けたスクールに登録し、入学確認書をもらって初めてビザの発給が受けられます。

そのため、実際に現地に到着してからスクールを移りたいと思っても変更できないのです。入学確認書なしにビザを受けられるのは、ある程度の預金を持った会社員や自営業者などに限定されてしまいます。しかしフィリピンは入国のみであればパスポートだけでできるのです。


失敗しないフィリピン留学

2015-11-11

1.留学前に事前準備を徹底
1)英語文法及び単語を覚えよう
フィリピン英語はマンツーマン授業が多く、マンツーマン授業を沢山受けられることがフィリピン留学の一番のメリットだと言えます。
つまり、マンツーマン授業をどれほど充実させるかがフィリピン留学の成功の鍵とも言えるでしょう。留学の一日目は多くの学校がレベルテストを実施し、通常2日目より本格的な授業が始まりますが、やはり準備ができていなと授業時に沈黙の時間もあり効率良く授業を進められません・・・


▲TOP